転職しながら働き続ける薬剤師

転職しながら働き続ける薬剤師

共働き世帯が増えています。 女性が出産、子育て後も仕事を続けることは当たり前になっています。 共働きなら男性が一家の大黒柱として働くより、リスクも分散できますし、ちょっと贅沢が出来たり生活にも余裕が生まれます。 しかし共働き夫婦にとって一番の難関が育児です。 特に子どもが小さいうちは、予想以上に子ども体調の変化や環境に慣れるためにエネルギーを使うことになります。 子どもにもっと時間を使いたいが、正社員の職は一度退職すると同じような条件での再就職は厳しいこともあって、葛藤が生まれます。 経済的に余裕はあっても時間的に厳しいと感じるワーキングマザーはとても多いのです。 そんな時期に、薬剤師の資格を持っているワーキングマザーは柔軟に対応できる強みがあります。 薬剤師は求人が多いのです。 そして転職がマイナスイメージになりません。 多くの方が自分の状況に合わせて当たり前のように転職しているからです。 しかも、勤務時間や勤務先、パートや正社員など勤務形態の選択肢が多いので、育児中でも勤務可能な職場を見つけることが可能です。 育児をしていてもブランクをあけずに仕事を続けていくことで、キャリアの中断もありません。 さらに魅力的なのが、給与です。 薬剤師の平均時給は2000円と、他の職種に比べて非常に恵まれています。 よってパートで短時間勤務でも家計を助けることが出来るのです。 またフルタイムで働ける条件が整えば、転職することも可能という最強の資格です。薬剤師転職ランキング.jp

薬剤師転職が増えている傾向にあるのは、皆さん知っていることかもしれませんが、どんな職種でも多いわけではありません。 CROなどの求人になると、やはり他の職種よりも少なくなってしまいます。 自分が希望する転職先があるのなら、どのような職種なのかまずは確認し、求人数の多さもチェックしておきましょう。 CROも全国に求人はありますが、全体的な求人数は少ないですからより迅速な行動をとり、この職種に合わせた自己PR方法を探っていかなければなりません。 CROの場合は知識やスキルを重視されることが多いです。 薬剤師として今まで経験してきたことを、少しでも多くアピールしてみましょう。 自分が選んだ職種の理解度も重要ですから、同じ薬剤師業務といっても業務内容は大きく違い、自分はそれをきちんと理解し求人に応募している、ということをアピールすることも基本的なことですが、大切なことだと思います。 また転職に役立つ資格が何かないか、調べて取得してみるというのも、より希望できる求人の幅を広げることができます。 国家資格を持っているだけでは他の人と同じです。 他の人と差をつけ、より即戦力となることをアピールするためにも、証明できるものは多くあった方が良いでしょう。 職場でも資格取得を支援しているところはあります。 職種によってあった方が良い資格も異なってきますので、自分が転職したい職種ではどのようなものを取り扱っているのか確認し、それにつながる資格を持っておくと有利になるはずです。

スキルアップするために転職をするという方もいますが、まずは資格を取ってから挑戦してみるというのもよいのではないでしょうか? 「もうすでに薬剤師の国家資格は持っている」と思った方も多いでしょう。 しかし国家資格の他に、様々な資格があります。 それを取得しているだけでも、あなたの魅力は上がっていくはずです。 それだけ薬剤師として活躍したい、役に立ちたいという意欲をアピールすることもできますし、幅広い仕事ができることの証明にもなります。 自分がやる気のある人間だということを証明できる、いつでも新しい薬などに対応できるように勉強していることを証明できる資格が、生涯研修認定薬剤師という資格です。 これはきちんと研修を行っていることを証明してくれる資格ですから、常に高いレベルを目指して勉強を続けていることを、自分だけではなく第三者からもアピールしてもらっていることになるでしょう。 これはどの求人先でも持っていると好感を持ってもらえるはずです。 またドラッグストアなどは、漢方薬や製薬の認定資格を持っていると喜ばれると思います。 ドラッグストアには本当に多くの商品がありますから、専門知識のある範囲が広ければ広いほど、お客様に対してきめ細かいサービスができるようになるでしょう。 そのため転職先としても、経営をよくすることができるかもしれないと思い、雇ってくれる確率は上がるはずです。 自分から積極的に転職に役立つ資格を取ってみてください。yakuzaいし求人完全おまかせ高待遇dr.xyz

私は結婚して妊娠したことをきっかけに、長らく薬剤師としての仕事から離れていました。 そのため育児が落ち着いていざ転職しようと考えた時、すごく不安がありました。 なので求人サイトを活用させてもらい、コンサルタントの方と相談しながら仕事を見つけていったのです。 そのおかげで生活スタイルを大きく変えずに、自分に合ったお仕事を行えるようになり、まだ始めて5か月ですが楽しく働いています。 コンサルタントの方にアドバイスしてもらったのは、今まで経験した仕事の中から求人を選ぶ、ということでした。 私は近場のドラッグストアなどが良いかな、と思っていたのですが、私はドラッグストアでの就業経験はありません。 そのことを伝えると、「ブランクがある状態で初めての職種は大変かもしれません。 一度経験がある職種から選んだほうが安心できますし、早くブランクを克服できると思いますよ」と教えてくれたのです。 そう言われてみればそうだな、と納得しました。 そして責任が大きいポジションではなく、まずは皆さんのサポートができるような職場を選ぶと、安心できると思います。 そのためその求人先に薬剤師の方がどの程度勤務されているのか、というのは非常に重要になってくると思います。 コンサルタントの方に調べてもらうとよいでしょう。 転職したいと思った場所が、今どのような環境で薬剤師の方が勤務しているのか、これも転職を成功させるうえで重要なポイントだと思います。

最近、薬剤師の転職サイトでよく見かける求人がドラッグストアです。 どこのドラッグストアでも女性がたくさん活躍されているので女性が働きやすい環境でもあると思います。 調剤薬局よりも求人が増えていますし、探しやすさもあります。 CMでもよく見かける大手ドラッグストアの求人は、20代前半でも年収480万円以上稼げます。 パートは、1800円以上稼げるので、主婦が短時間で高収入を稼ぐこともできます。 また、ドラッグストアは、病院などの調剤薬局よりも収入がアップする例が多く、店長クラスだと年収700万円以上稼げるドラッグストアもあります。 ただ、調剤薬局とは違い、ドラッグストアは幅広い方が利用しています。 化粧品や食料品、日用品も販売しているので、商品についてある程度勉強する必要はあります。 薬を買いに来たお客さんに対応したり、時には商品を補充することもあり、雑用的な仕事もあるようです。 最近は、年中無休のドラッグストアが増えていますが、調剤は、日曜日休みのお店が多いので、既婚者の方は家族と過ごすこともできます。 OTC、調剤未経験でも働けるドラッグストアも多く、正社員や契約社員、パートやアルバイトと雇用形態を選びやすい特徴もあります。 しかも、大手企業の求人も多く、このようなドラッグストアなら福利厚生や待遇も保証されているので安心して働けるかと思います。 女性が再就職しやすい職場でもあり、不況に関係なく求人が多いメリットもあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ