転職しながら働き続ける薬剤師

ロゴ
トップページ
<転職がマイナスイメージになりません>
共働き世帯が増えています。 女性が出産、子育て後も仕事を続けることは当たり前になっています。 共働きなら男性が一家の大黒柱として働くより、リスクも分散できますし、ちょっと贅沢が出来たり生活にも余裕が生まれます。 しかし共働き夫婦にとって一番の難関が育児です。 特に子どもが小さいうちは、予想以上に子ども体調の変化や環境に慣れるためにエネルギーを使うことになります。 子どもにもっと時間を使いたいが、正社員の職は一度退職すると同じような条件での再就職は厳しいこともあって、葛藤が生まれます。 経済的に余裕はあっても時間的に厳しいと感じるワーキングマザーはとても多いのです。 そんな時期に、薬剤師の資格を持っているワーキングマザーは柔軟に対応できる強みがあります。 薬剤師は求人が多いのです。 そして転職がマイナスイメージになりません。 多くの方が自分の状況に合わせて当たり前のように転職しているからです。 しかも、勤務時間や勤務先、パートや正社員など勤務形態の選択肢が多いので、育児中でも勤務可能な職場を薬剤師転職 比較をして見つけることが可能です。 育児をしていてもブランクをあけずに仕事を続けていくことで、キャリアの中断もありません。 さらに魅力的なのが、給与です。 薬剤師の平均時給は2000円と、他の職種に比べて非常に恵まれています。 よってパートで短時間勤務でも家計を助けることが出来るのです。 またフルタイムで働ける条件が整えば、転職することも可能という最強の資格です。

<希望する職種によって求人数も違う>
薬剤師転職が増えている傾向にあるのは、皆さん知っていることかもしれませんが、どんな職種でも多いわけではありません。 CROなどの求人になると、やはり他の職種よりも少なくなってしまいます。 自分が希望する転職先があるのなら、どのような職種なのかまずは確認し、求人数の多さもチェックしておきましょう。 CROも全国に求人はありますが、全体的な求人数は少ないですからより迅速な行動をとり、この職種に合わせた自己PR方法を探っていかなければなりません。 CROの場合は知識やスキルを重視されることが多いです。 薬剤師として今まで経験してきたことを、少しでも多くアピールしてみましょう。 自分が選んだ職種の理解度も重要ですから、同じ薬剤師業務といっても業務内容は大きく違い、自分はそれをきちんと理解し求人に応募している、ということをアピールすることも基本的なことですが、大切なことだと思います。 また転職に役立つ資格が何かないか、調べて取得してみるというのも、より希望できる求人の幅を広げることができます。 国家資格を持っているだけでは他の人と同じです。 他の人と差をつけ、より即戦力となることをアピールするためにも、証明できるものは多くあった方が良いでしょう。 職場でも資格取得を支援しているところはあります。 職種によってあった方が良い資格も異なってきますので、自分が転職したい職種ではどのようなものを取り扱っているのか確認し、それにつながる資格を持っておくと有利になるはずです。


Copyright(c) 転職しながら働き続ける薬剤師. All right reserved.